20150129

ファイヤーキングの選び方 容量比較

200mlで大きさ比べ
カップやマグを選ぶ時にちょっと気になるのが、その大きさ(容量)。
そこで、マグやカップの容量を比べてみるために全部に200mlのお茶をついでみました。

カップ類とチョコレートマグは200mlで満杯。
ヘビーマグは9分目が200ml。エキストラヘビーマグとフィルビーマグは8分目。
Dハンドル系とプリント系は7分目。バレルマグは6分目に届かないぐらいの大容量。

日本では1カップ=200mlとされており、そのためほとんどのグラスやマグ類は200ml程度の大きさで製造されていますが、なぜファイヤーキングのマグ達はこのような容量なのでしょう。 なぜならそれは、アメリカでは1カップ=240ml(8oz)とされているからなのです。なので基本的には240mlもしくはそれが入る大きさで作られています。


そんなこんなで、意外にもカップの容量が多かったので驚いています。
180mlが余裕で入る大きさなら、充分使えるじゃーんって改めて再確認した次第です。

■写真内のカップとマグ紹介■ ※()内の数字は容量(ml)です
----------------------------------------------------------------------------------------------
前列左から:
 ジェーンレイカップ、RWエキストラヘビーカップ、RWストレートカップ (全て200)
2列目左から:
 RWエキストラヘビーマグ(250)、RWヘビーマグ(240)、RWチョコレートマグ(200)
3列目左から:
 Dハンドルマグ(260)、Dマグシェービングマグ(300)、フィルビーマグ(250)
後列左から:
 スタッキングマグ/プリント,カラー(270)、キンバリーマグ(270)、バレルマグ(350)
----------------------------------------------------------------------------------------------

0 件のコメント:

コメントを投稿